平成11年6月県議会報告 of みんなで創る藤沢の会 鈴木つねおホームページ

HOME > 議会活動報告 > 平成11年6月県議会報告

平成11年6月議会報告

県立高校改革推進計画(仮称)骨子案がまとまり、文教常任委員会へ報告。

-骨子案 (一部抜粋)ー

新しいタイプの高校等の設置数
総合学科高校 (現在1校) -----14校程度
単位制による普通科高校(現在1校) - 8校程度
フレキシブルスクール -------- 3校程度
新たな専門高校 ----------- 4校程度

専門コース及び専門学科の設置
新たな専門コースの設置 ------- 6校程度
新たな専門学校の設置  ------- 4校程度

中高一貫教育のモデル校の設置 ------ 2校程度

行政システム改革推進本部取組方針(平成9年5月30日)順調な進捗 

「3つの10%目標」--短期(2年)目標達成

・本庁組織の部局、室課数5年で10%以上

区分 平成9年4月1日 平成11年6月1日 削除率
部局数 14 10 28.6%
室課数 149 123  17.6%

・10年以内に、知事部局職員数10%削減
  平成11年度で551人削減--削減率4.1%

・10年以内に、県債の新規発行額を自主財源の10%以内に抑制
区分 H8最終予算 H9最終予算 H10最終予算 H11当初予算
県債計上額 2,474億 2,272億 2,140億 1,768億
自主財源に占める割合 23.1% 20.0%  18.1% 17.3% 
県債依存率 14.1% 13.1%  12.2%  10.7% 

 

5月臨時議会より

平成10年度一般会計実質収支293億5千万円の赤字となる。
11年度歳入より繰り上げ補填するための補正予算と可決。